プレスリリース
2019年12月10日
株式会社デザインフィル

ほどよく透けて、軽い
メッシュ素材のポーチ「メッシュグラフィックス」登場!

『メッシュペンケース』『メッシュポーチ マチ付』
『メッシュポーチ<A6>』『メッシュポーチ<A5>』新発売

発売日:2019年12月19日(木)
 
株式会社デザインフィル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:会田一郎)は、デザインを通じて生活を楽しくするインスピレーションを提供し、人々のコミュニケーションを豊かにするデザインカンパニーです。
この度、当社が展開するプロダクトブランド「ミドリ」より、程よく透けて軽いメッシュ素材の収納アイテム「メッシュグラフィックス」が登場します。『メッシュペンケース』[1,000円+税]『メッシュポーチ マチ付』[1,200円+税]、『メッシュポーチ<A6>』[1,200円+税]、『メッシュポーチ<A5>』[1,500円+税](※)を、2019年12月19日(木)に発売します。それぞれ、「チェック柄 黒」、「チェック柄 水色」、「ストライプ柄 赤」、「ストライプ柄 黄緑」の計4柄の展開です。

「メッシュグラフィックス」は、メッシュ素材を使ったポーチやペンケースなどの収納アイテムです。メッシュ素材ならではの特性を生かし、色の重なりや濃淡を、チェックやストライプといった柄でグラフィカルに表現しました。程よい透け感で、通帳や領収書、化粧品といったあまり見られたくない小物の収納にもぴったりです。また、軽くて丈夫なため、カバンに入れて持ち運ぶ際にもおすすめです。

ラインアップは、入れるものや用途に合わせて選べる全4種。筆記具がたっぷり入りデスク上でも自立するので取り出しやすい『メッシュペンケース』、マチ付きで化粧品などの小物から充電器などのモバイルグッズまで幅広いアイテムの収納に役立つ『メッシュポーチ マチ付』、通帳、カードといったいざという時のアイテムをはじめイヤホンや鍵などの小物もすっきりとまとめられる『メッシュポーチ<A6>』、フラットな形状でバッグインバッグとして活用したりノートや筆記具などの文具をひとまとめにしたりと便利に使える『メッシュポーチ<A5>』です。いずれも、ファスナーの引き手部分に付けたゴールドのオリジナルリングがデザインのアクセントになっています。リングタイプのため開閉がしやすいほか、フックなどに掛けることも可能です。

デザインは、メッシュ素材の軽やかさが感じられる全4柄を揃えました。ざっくりと編まれたカゴバッグをイメージした大人っぽい印象の「チェック柄 黒」、水色とグレーを使った優しい色合いに上品さを感じる「チェック柄 水色」、柔らかなパステルカラーに華やかな赤色がアクセントの「ストライプ柄 赤」、大胆な斜めのストライプを黄緑や紺などの爽やかな色味で表現した「ストライプ柄 黄緑」です。

実用性と洗練されたデザインが魅力の本製品。デスク周りやバッグの中身をまとめたり、旅行の際の小物整理に使ったりと、さまざまなシーンで活躍するアイテムです。
(※)全て希望小売価格
以上

ほどよく透けて、軽い
メッシュ素材のポーチ「メッシュグラフィックス」登場!

マチ付きでたっぷりと収納できる
『メッシュペンケース』と『メッシュポーチ マチ付』

通帳やカードなどの小物をすっきりと
まとめられる『メッシュポーチ<A6>』

フラットな形状でバッグインバッグとしても
便利に使える『メッシュポーチ<A5>』

ファスナーの引き手部分は開閉がしやすく、
フックなどにも掛けられるリングタイプ

【製品概要】
製品名 『メッシュペンケース』
素材 メッシュターポリン製
チェック柄 黒/チェック柄 水色/ストライプ柄 赤/ストライプ柄 黄緑
本体サイズ H70×W190×D60mm(引き手部分を除く)
希望小売価格 1,000円+税
製品名 『メッシュポーチ マチ付』
素材 メッシュターポリン製
チェック柄 黒/チェック柄 水色/ストライプ柄 赤/ストライプ柄 黄緑
本体サイズ H100×W200×D70mm(引き手部分を除く)
希望小売価格 1,200円+税
製品名 『メッシュポーチ<A6>』
素材 メッシュターポリン製
チェック柄 黒/チェック柄 水色/ストライプ柄 赤/ストライプ柄 黄緑
本体サイズ H130×W190×D20mm(引き手部分を除く)
希望小売価格 1,200円+税
製品名 『メッシュポーチ<A5>』
素材 メッシュターポリン製
チェック柄 黒/チェック柄 水色/ストライプ柄 赤/ストライプ柄 黄緑
本体サイズ H180×W260×D20mm(引き手部分を除く)
希望小売価格 1,500円+税
店頭発売日 2019年12月19日(木)より順次発売(※)
 
(※)店舗によって発売日が異なる場合がございます。
 
以上
 
 

 
このページの先頭へ