プレスリリース
2018年07月31日
株式会社デザインフィル

日々の気持ちや行動にちょっとした変化をプラス
毎日を豊かに暮らすヒントがつまったダイアリー

2019年度版『日の長さを感じる手帳』新発売

発売日:2018年8月3日(金)
 
株式会社デザインフィル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:会田一郎)は、デザインを通じてコミュニケーションを円滑にし、生活を楽しくするアクセントや新しいライフスタイルを提案するデザインカンパニーです。
この度、当社が展開するプロダクトブランド「ミドリ」より、日の長さや季節の変化を感じて、毎日を豊かに暮らすヒントが詰まったダイアリー、2019年度版『日の長さを感じる手帳』[<B6>、緑/紺/ベージュ…計3色、希望小売価格:1,800円+税]を、2018年8月3日(金)に発売します。

『日の長さを感じる手帳』は、日の長さや季節の変化を感じて、毎日を豊かに暮らすヒントが詰まったダイアリーです。最大の特徴は、朝から夜までの日の長さを淡いカラーのグラデーションで表現した、24時間見渡せるバーチカルタイプの週間ページ。ページをめくっていくと、日の出、日の入りを表現したグラデーションが少しずつ変化し、日の長さの変化と共に季節の移ろいが感じられるようデザインしました。日の出時刻に起きたり、秋の長夜に読書時間を設けたりと、日々の暮らしにちょっとした変化を取り入れてみるのもこの手帳ならではの使い方です。
また、週間ページのバーチカルスペースは24時間タイプなので、睡眠時間や日々の習慣を記録したい方はもちろん、夜型生活の方や朝にたくさん活動したい方など、幅広い方におすすめです。単にスケジュールを記録するだけでなく、手帳を開くことで、ふと日の長さや季節の変化に気がつき、心をリセットする、そんな瞬間も訪れるかもしれません。
さらに、日本の豊かな四季や季節の変化を感じられる要素も多数収録。週間ページに設けた季節や日の長さに関する「一行コラム」のほか、二十四節気や雑節、月の満ち欠けを月間ブロックページと週間ページの両方に盛り込んでいます。巻末の付録ページには、日々の習慣にしたいことなどを書き留める「朝昼夜のやることリスト」や、春夏秋冬それぞれの季節で感じたことや、やりたいことなどを自由に書き込む「季節のノート」ページを収録しています。
表紙は、ナチュラルで洗練された色合いと、手触りの良い素材を採用し、落ち着いたつや消しの箔をワンポイントであしらいました。プライベートでも、ビジネスでもご使用いただけるデザインながらも、ページを開くと日常を心豊かに過ごすエッセンスが詰まった新しいタイプの手帳です。
以上

日の長さや季節の変化を感じて、毎日を豊かに暮らすヒントが詰まった
『日の長さを感じる手帳』新発売!

【製品の特徴】
<製品特徴>
日々の気持ちや行動にちょっとした変化をプラス。毎日を豊かに暮らすヒントがつまったダイアリー。
『日の長さを感じる手帳』<B6>
  • カラーのグラデーションで日の長さを視覚的に感じる週間バーチカルページ
  • 月間ページと週間ページに、季節の変化をより深く知る二十四節気と雑節入り
    生活のリズムや天体観測などの参考になる月の満ち欠けもアイコンで表示
  • 週間ページに設けた季節や日の長さに関する58の一行コラム
  • プライベートでもビジネスシーンでも使用できる、使いやすさにもこだわったデザインとフォーマット
  • 巻末付録ページ付
    • 朝昼夜のやることリスト:日々の習慣にしたいことなどを朝昼夜に分けて書き込める
    • 季節のノート:春夏秋冬で区分けされたノートページに季節ごとにやりたいことや、季節を感じた瞬間などを自由につづる

シンプルで使いやすい月間ブロック
月の満ち欠け、二十四節気、雑節入り

日の出・日の入りの変化をグラデーションで
表現した24時間表記のバーチカル

季節や日の長さを意識した予定を立てたり
ライフログをつけるのにもおすすめ

習慣にしたいことや季節ごとにやりたいことをまとめて
日々の気持ちや行動にちょっとした変化をプラス

【製品概要】
製品名 2019年度版『日の長さを感じる手帳』
仕様 表紙 :PVC 製(金箔押し)
中紙 :MD用紙(クリーム)
製本 :糸かがり綴じ、しおりひも2本付
内容 年間カレンダー、年間スケジュール、月間スケジュール、1週間バーチカルスケジュール、 横罫メモ、朝昼夜のやることリスト、季節のノート、二十四節気 ・雑節一覧表…計176ページ
緑/紺/ベージュ…計3色
本体サイズ <B6>:H188×W132×D11mm
希望小売価格 1,800円+税
店頭発売日(※) 2018年8月3日(金)より順次発売
 
(※)店舗によって発売日が異なる場合がございます。
 
以上
 
 

 
このページの先頭へ